帳簿はいつ作るのか

 

神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

事業を行っていると毎日毎日、いろいろな取引が生じます。

 

お金のやり取りも日々、発生します。

 

その毎日の取引を帳簿に記載しなければなりません。

 

経理部門のあるような会社では、毎日帳簿へ記載しています(と言っても1仕訳ずつ打つのではなく、システム化されています。)

 

しかし、小規模会社や個人事業者は、ご自分で事業を行っているほかに経理事務を行う必要が生じます。

 kityou

これって、結構めんどくさいですね。

 

しかし、めんどくさいですが、大事な事なんです。

 

それはなぜ大事なのか?

 

どんぶり勘定で損益を見るのはなく、きちんとした経理をすることで本来の正しい収益・費用が発生すると資金繰りや先の見通しが見やすくなるからです。

 

損益計算書のことは、で書いています。

 

帳簿つけは、習慣化してしまえば、結構苦でなくなります。

 

どのようにして習慣化するのか?

 

それは決まった時間にすることです。

 

例えば、仕事終了後の30分は帳簿つけの時間とか、出勤後1時間は帳簿つけの徹するとか、やり方は各々のやり方を見つけていただければと思います。

 

勘定科目わからんし、記帳の仕方がわからんなどのご意見もあるかと思います。

 

そこは、少し勉強していただく必要はあります。

 

記帳代行を依頼すれば、楽をすることができます。

 

しかし、楽をする分、お金がかかります。

 

Follow me!