神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

最近は、8時間 耐久レースの影響からかバイクネタを書いています。

 

普段、近場のお客様には、バイクで行くこともあります。

 suzuki

愛車は、スズキ アドレス125Gです。

 

その名のとおり、125キロまでメータついています。

 

このバイクで100キロ出したら、何かあったら確実に死にます。

 

でも、愛用しています。

 

町乗りには最適ですから。

 

しかし、最近愛車のアドレスの調子がすこぶる悪かった。

 

へんな症状が出ていました。

 

もし、皆さんの中で同じような症状の方がいれば、解消できるかもと思い、書きました。

 

その症状とは、エンジンをかけてバイクに乗ると最初は、すごく調子よく走っています。

しかし、約5キロ(私の経験上ですが)走ると、止まりはしませんが、急にスピードが遅くなります。

アクセルを目いっぱい回しても、一向にスピードが出ません。

うまいこと言葉で表現できませんが、止まることはありませんが、後輪へ駆動を伝えるゴムがうまいことかみ合っていないような気がしていました。

 

購入後、6年ほど乗っていますので、とうとう、壊れ始めたのかと思っていました。

インターネットで治す方法がないかも調べましたが、それらしい症状はいくつかありましたが、分解してみたいなことが書かれていましたので、これを素人には手に負えないのかと諦めムードでした。

しかし、思い返してみると、前回のエンジンオイル交換(オイル交換くらいは、自分でしています)時に冬場でエンジンもかけずにいきなりオイル交換をしましたので、古いオイルの出が悪かったことを思い出しました。

オイルが変な風になっているかもしれないと思い、急いで新しいエンジンオイルに交換しました。

この交換が大正解!!

今は、すこぶる調子よく走ってくれています。

 

オイル交換は大事だと再確認しました。

 

急にスピードが落ちるような症状が現れたらまずは、オイル交換をしてみたらいいかもしれません。