神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

クラウド会計ソフトを事務所の会計ソフトとして使っています。

 kuraudo

便利機能として、自動取込はいいのですね~。

しかし、やはりというか修正が必要になりますね。

 

思うに会計の知識がない人であっても、クラウド会計ソフトを使用することでなんとなくの試算表や決算書ができあがります。

 

最低限の預金の残高はあっているはずですから・・・。

 

そうなると経理ができた気になってしまう。

いや、できたと思い込んでしまう。

 

しかし、よく見ると訂正すべき箇所の多いこと

 

自動仕訳の再設定が必要だと感じています。

 

毎月ではありませんが、数カ月に一回はメンテが必要ですね。

 

メンテは必要であると思いますが、FreeeにしてもMFクラウドにしても、スマートフォン用アプリがあります。

これをスマートフォンに入れていると便利な事があります。

 

損益や収支のことではありません。

損益や収支は、きちんと税理士や経理担当責任者が確認を終えてから見ていただきたいですね。

 

その便利な事とは、預金の残高がわかるということです。

ネットを活用すると最新の残高が反映されています。

なんだそんなことか!!とは思わないでください

すると少なくとも、資金繰りはある程度目途が付くことになります。

 

これってめっちゃ便利ですよね。

タイムリーでお金のことがわかるんですから。

 

今までは、銀行に行って記帳記入してやっと残高はわかっていました。

しかも、何行もあれば、記帳だけで一日が終わってしまうなんてこともあったかもしれません。

もし、今もこのようことしていれば、即座にやめましょう。

 

時間の無駄です。

 

ネットバンクはお金がかかる!と思われるかもしれません。

確かに使用料金が発生します。

 

しかし、即時に残高が見ることができ、資金繰りが経営者の頭の中ではすぐに段取りできる。

 

記帳する業務が亡くなれば、その分 経理担当者にはほかの業務ができるようになる。

 

会社がよくなる方向の布石です。

 

このように、クラウド会計を使用することによる最低限のメリットとして、残高確認を一つのアプリで見れることは経営をスピーディに運ぶこともできる大きな点ですね。