神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

朝晩が少しづつですが、快適に過ごしやすくなりつつありますね。

最近は寝つきがよくなりつつあり、体調もいい感じなっています

 

最近わたしに起きた事をシェアしたいと思います。

 

メールは普段からGmailを使っています。

日頃は、迷惑メールフォルダーに入っているメールは一切見てません。

が、今回はなんとなく見てしまいました(これがダメだったんですね。なぜ見たのか・・・)

見たら三井住友銀行からのメールが来てたんですね。

普段なら見ても無視するのですが、なぜか気になり見ました。

メールの内容は、以下の通りです。

 メール1

 来たメールそのまま、上げています。

かなり、小さくなってしまいました。

パスの変更なんてしていないけど、このようなメール来たんで、驚きました。

そのまま、URLにクリックしてしましました。

なんて馬鹿なことをしたのかと客観的に考えると思うのですが、なぜかクリックしてしまった自分。

 

でも、すぐに画面表示される前に閉じたのでなんとか大丈夫であると思っています。

 

このメールを見たのが、23時ごろだったと思います。

不安になり、三井住友銀行のへお問合せ先を調べました。

時間外で対応してくれずでした。

翌朝連絡するしかないと思いましたが、正直不安な一夜を過ごしました。

 

翌日、即、三井住友銀行へ連絡を取りました。

このようなメールが結構流れているとのことでした。

しかし、URLをクリックしない限りは安心とのこと。

クリックしていない人安心してくださいね。

 

しかし、私はクリックしちゃったんですと説明すると、ネットからの取り扱いをいったんすべて停止するしかない!と言われました。

 

ネット環境を停止することは困ることでしたが、事故があっては怖いので、指示に従いすぐにネットからの取り扱いができないような処理をしました。

処理簡単で、口座番号や暗証番号を指示通りに入力するだけ、数分もかからず終わりました。

その後は、一度ウィルス対策ソフトを起動させ、隅々まで検索しました。

結局、ウィルスには感染していませんでした。

これで、安心しました

 

普段は、ウィルス感染ソフトの存在が理解できなかったですが、こんなときのために必要であると確認できましたね。

ウィルス対策ソフトを入れていない人は、絶対に入れることをお勧めします。

 

ネットからの取り扱いを復活させるのが、非常に面倒な作業でした。

一度、店舗で出向いて、窓口にて復活作業を行う必要があるようです。

月末ですので、待ち時間もかかる可能性があることを覚悟して、店舗へ向かいました。

窓口でネットの取り扱いを停止した理由と再開する理由を担当者が変わるごとに説明しなければならず、面倒でした。

でも、自業自得、しょうがないですね・・・。 

事前に必要な書類や持ち物を聞いていたためスムーズにことが運びました

1時間ほどで、ネット環境も復活しました。

 

午前中がこの作業で消えてしまい、参りました。

 

自分に身に覚えのないメールは、無視することが一番であることを痛感しました。

 

知らないメールには、気を付けてくださいね。