神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

世間ではGWですね。

 

テレビで見ている限りでは、どこも人がいっぱいそうですね。

 

車でもすごい渋滞情報ができいましたね。

 

そのような中、私はオセロ大会に行ってきました。

 

私のような単純な考え方の者は、典型的な打ち方しかできません。

 

角が取れるようならさっさと角を取ってしまいます。

 

そんなことでは、相手の作戦にハマってしまい、負けてしまいます。

 

64マスをいかに効率的に自分の陣地にしていくかを考え、行動を起こす。

 

そのためには、様々なテクニックがある。その一つが開放度理論だ。

 

ここでは、説明を割愛しますが、考え方は面白い。

 

オセロは、単純で面白い遊びであるけれども、頭を駆使するとなかなか面白いゲームだ。

 

ところで、大会では、年齢は一切関係がない。

たくさんの参加者がいることに驚いた。

 

大人も子供もオセロ盤の前では一選手である。

 

相手が子供であっても上級者もおり、アナドルことは一切できない。

 

私は付き添いであったため、大会には参加していないが、凄い熱気があり、オセロの奥深さに感動を覚えた。

 

オセロも勉強しようと考え、会場で推薦していただいた書籍(史上最強カラー図解 強くなるオセロ)を早速購入したので、これで勉強しよう!!

 

この書籍は、様々なオセロ関係の本の中で最も受け入れやすい本らしいです。

 

本が来るのが待ち遠しい。

 

ちなみにオセロは日本が発祥なんだって。

 

戦後にできたゲームらしいですね。