神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 


新規事業者の帳簿付けのお手伝いをさせていただくことが多くなって来ました。


全く帳簿付けがわからない方や少しでも知識のある方など様々です。

 

帳簿つけがご不明な方、全然大丈夫です。楽しく?つける事は出来ないかもしれませんが、きっちりと申告までできるようにお手伝いしますので、ご安心を。


最近普及しつつあるクラウド会計を使用している方も多くなりつつあります。


クラウド会計の特徴は、自動連動、他のシステムとの連動、OSを気にしない、いつでもどこでもできる等を謳い文句に勢力を伸ばしつつあるように思えます。


確かに、便利な側面は大いにあります。


自動取り込みは今後必ず普及してくるでしょう。


それは確かなことであると考えています。


しかし、ベンダーさんの公告方法が非常にうまいのか(私も真似しなけばならないことも多いです”(-“”-)”)、クラウド会計さえ使用していれば、帳簿ができていると思われているようです。


貸借対照表では、現金、預金はあっていて当たり前ですが、そんなこと、クラウド会計は教えてくれないのでしょうか・・・。


導入すれば、何とかなりますよ!という感じなんでしょうか・・・。


インストール型がいいとは思いませんが、自動取り込みではなく、一つ一つの取引を入力する事も大切であると考えています。


理由はいろいろとあるんですが、それは別の機会に・・・。


しかし、最近の事業開始時における帳簿付けなどでお手伝い出来ることは非常に嬉しいですね。


その方の事業がもっとスケールが大きくなっても初期指導をご理解して、事業を運営されていくと考えるだけでも嬉しい限りです。


何かご不明な事があればぜひここからお問合せくださいね。