神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

ご自身の経験を活かして新規に事業を立ち上げよう!としたのはいいが、

実際税務面では何をすればいいのかご不明な事も事実であると思います。

 

そこで、今回は、事業立ち上げ時に税務署に提出すべき資料についてご説明します。

 

個人で事業を立ち上げても税務署は事業を立ち上げた事を知りません。

 

ご自身で事業を立ち上げましたよ!帳簿はこの方法で行いますよと報告しなければなりません。

 

そこで必要となる書類は以下の通りです。

(必要最低限の提出すべき書類を記載しています。事業形態によっては記載している書類以外も提出すべき書類がありますのでご注意してください)

 

 

事業を開始したときに必要な書類

個人事業の開業・廃業等届出書

 

青色申告の承認を得ようとする場合

所得税の青色申告承認申請書

 

給与の支払いを行う場合

給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

 

青色事業専従者給与額を必要経費に算入させる場合

青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書

 

消費税の課税事業者になることを選択する場合

消費税課税事業者選択届出書

 

提出期限が設けられている届出書もありますので、提出忘れに気を付けてください。

 

当事務所でも開業に関するご相談を承っていますので、こちらから問合せをお願いします。