神戸市垂水区で活動しています税理士の大西です。

 

最近、本を読む時間を作れなくてなかなか読めていない日が多かったのですが(いいわ けになりますが・・・)、久しぶりにある本を読み切りました。

 

それは、稲盛和夫さん著の『稲盛和夫の実学』です。

 

 

この本は、初版出版が2000年なんです。

 

今から17年も前に出版された本なんですが、非常に参考になることが多いです。

 

内容をここで書くわけにはいかないので記載しませんが、単に税金の計算のためだけに帳簿を作成するのではなく帳簿を利用した(=つまり、会計を活用したということですが)経営を行う事が書かれています。

 

読みやすさ、わかりやすさもあって短期間で読むことができますので、経営に会計を利用されたい方はぜひ読んでみてください。